隣人からの独り言 平安時代のすごろくが、現代の子供が遊ぶアレではなくバッグギャモンのような賭博のようなゲームだったこと


平安時代のすごろくが、現代の子供が遊ぶアレではなくバッグギャモンのような賭博のようなゲームだったこと



619 名前:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/[sage] 投稿日:2014/06/05(木) 14:58:20.05 ID:WGIE5x4W.net
平安時代のすごろくが、現代の子供が遊ぶアレではなく
まんまバッグギャモンのような賭博のようなゲームだったこと
風紀の点から何度も規制がかかったとか。 若い貴族間の麻雀みたいな感じ?

最近の歴史学では、何度も禁止令が出ているという事実はむしろ何度注意しても勝手に皆がやるから困ってたとのこと
慶安のお触書→百姓の妻はお茶飲みすぎ、旦那は酒を造りすぎ飲みすぎ買いすぎ売りすぎ、百姓全般贅沢しすぎ!(抜け貿易で) 
            との事


620 名前:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/[sage] 投稿日:2014/06/05(木) 15:19:38.76 ID:/+nMibBc.net
>>619
源氏物語にも記述あるね
碁もそうだったらしいけど、ようするにじっと室内にこもってほとんど身体動かさない、
外出もしないで一生を過ごす上流階級の女性の気晴らしだよね
普段はツンとすましている女性たちが、女だけの状況でそういう遊びに我を忘れて
夢中になって興じる、ちょっと意外な女性の姿(というか、本心や性格が顕になった
ところ)を、こっそり物陰から覗き見るもの好き男性の視点での描写だけど



こちらの記事もどうぞ!



カテゴリ「役立つ話」の関連記事
[ 2018/06/01 21:20 ] 役立つ話 | CM(0)
コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

こんな記事も読まれています

トラックバック
この記事のトラックバックURL

他サイトの更新記事
お世話になってるサイト
月別アーカイブ