隣人からの独り言 ずっと怖いけど賢い人と評されていた姑が軽度の知的障害だった。


ずっと怖いけど賢い人と評されていた姑が軽度の知的障害だった。


今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その6
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1423487106/


836 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/04/05(日)13:05:45 ID:X5R
姑が軽度の知的障害だったこと。
障害どころか、むしろ頭が良いと思っていたし
夫も義妹も、親戚からもずっと怖いけど賢い人と評されていた人だから心底驚いた。

田舎の頭が固い人間丸出しな舅とタッグを組んで
散々意地悪を言ってきたり、私の実家を貶めたり、元気はつらつだったが
舅が死んだとたんになんかおかしくなって
「あばばばば」みたいな感じでうちに転がり込んできて
夫や私に張り付いていちい指示を求めてくる、一人で動けない。

当然認知症だと思って病院連れて行ったら
認知症じゃなくて、恐らく生来のもので、IQ60だって。
ルーチンな仕事をこなしたり、命令のまま動くことはできるけど
自分の判断で動くことは難しい
長らく司令塔だった舅がいなくなって、コントロール不能な状態になったのでしょう、だって。

こういう知的障害もあるのか… と驚いた


こちらの記事もどうぞ!


837 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/04/05(日)13:14:10 ID:X5R
あ、836だけど
姑はすでに鬼籍に入ってる。
最期は本当に認知症を発症して大変だった

姑の葬儀のあと、長らく空き家になっていた夫実家を片づけたら
一見綺麗に整頓されて見えたのに
実は大変なことになっていて
例えば着物の下に20年も前のお菓子の箱が中身入りであったり
食材と食器がいっしょくたにみっちり詰まっていたり。
(多分、パズルのようにきちんと納めること優先にした結果)

ああ、確かに知的障害だったんだなぁ と
湧出る虫の大群を呆然と見ながら納得した


カテゴリ「驚いた話」の関連記事
[ 2019/04/15 14:20 ] 驚いた話 | CM(0)
コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

こんな記事も読まれています

他サイトの更新記事
お世話になってるサイト
月別アーカイブ