隣人からの独り言 まだ四十九日の席で義弟の両親が3分の1の相続を求めてきたのが衝撃だった。


まだ四十九日の席で義弟の両親が3分の1の相続を求めてきたのが衝撃だった。



480 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/09/18(木)23:49:34 ID:???
子供のいない妹夫婦だったが、その義弟が通勤途中に事故に巻き込まれて急死したとき
まだ四十九日の席で義弟の両親が3分の1の相続を求めてきたのが衝撃だったが
さらに衝撃だったのは、亡くなった義弟がそれを見越して
殆どの預貯金は妹名義に、一台ずつ持っていた車の名義まで妹にしていたこと。
ほんのわずかな義弟名義の預貯金についても
わざわざ法的に有効なキチンとした遺言状を残していたこと。
あまりの用意周到さにビックリした。
まさか自分がこんなに早く死ぬとは思っていなかったんだろうが
息子からみてもロクでもない親だったらしく
もしものことが起きたときに余程妹のことが心配だったらしい。
法事のあと義弟の両親は、貰えるものがなにもないと分かって
ここまで来る交通費が無駄になったと大暴れして、ちょっとした警察沙汰にもなった。
こんなクズが本当にいるんだと目の当たりにして衝撃だった。

今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験3度目


こちらの記事もどうぞ!



カテゴリ「衝撃体験」の関連記事
[ 2018/11/13 14:20 ] 衝撃体験 | CM(0)
コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

こんな記事も読まれています

他サイトの更新記事
お世話になってるサイト
月別アーカイブ